肝斑に効果的なハイドロキノンクリーム

30代から40代の女性ならではの肌トラブルのひとつに、肝斑と呼ばれるトラブルがあります。 ハイドロキノンは、漂白作用がある=肝斑にも効果的と言われています。

日頃、もしかしてこれって肝斑?でも病院に行くのも億劫だし…と思っている人はいませんか? そういう人は、一度ハイドロキノンが使われている美白化粧品等を試してみてはいかがでしょうか。

そもそも、肝斑とシミの相違点が何かをご説明していきたいと思います。 どちらも、肌トラブルとして、皮膚に症状が出る(色素沈着)といった意味では、どちらも似たようなものなのかもしれません。

しかし、シミの要因として挙げられるのは、大半が紫外線を浴びた事によるもので 肝斑は、女性ホルモンの乱れ等、ホルモンバランスに変化があった時に出る事が要因とされています。

よって、妊娠中やピル服用中の際に、出やすい傾向があるのです。 ただし、閉経の時期にさしかかる50代前半から後半ぐらいになると 肝斑自体が、薄くなってくる事も多いようです。
スキンケアで美白はつくれる!

シミと肝斑の見た目では、大きく異なる点もあり、 シミは細かい斑点があちこちに症状としてあらわれるのですが 肝斑によくある傾向としては、頬骨から左右対称で広範囲に広がっていく状態です。

そこで、肝斑にハイドロキノンが効果的と言えるのは何故か?と言うと 肝斑は、ホルモンバランスと密接な関係がある事をご説明したように 外部刺激等によるものではないので、例えば、シミを治療する時のレーザー治療のような施術を受ければ良い、と言う訳ではありません。 肝斑は、レーザー治療をしてしまうと、かえって色素が濃くなってしまう恐れがあるので、逆効果なのです。

一般的な治療法としては、美容クリニック等で受ける施術でも、外用美白化粧品や、内服薬の服用がメインとなります。 この際に処方される薬によく使用されるものが、ハイドロキノン配合の美白化粧品と言う訳です。

ハイドロキノンは、“肌の漂白剤”と言われるだけあって、広範囲に出来てしまった肝斑の色素を、徐々に薄くしていき、 メラニンの生成を抑えていくのです。

最後に注意点をひとつ。 「肝斑はホルモンバランスの影響によるものだから、普段の紫外線はあまり関係ないんだ」 「日焼け対策も特にしなくて良いのね」なんて考え方をしてはいけません。

紫外線によって、肝斑の症状が悪化するケースも全くないとは言い切れませんので 美白化粧品や内服薬の服用と同時に、紫外線対策も行いましょう。